県民共済会紹介


概要

ご存知ですか? 「あいきょうさい」

 「あいきょうさい」は、昭和48年10月に、 福島県民の皆様が健康で文化的な生活を営めるための地域活動推進機関として福島県労働者生協 (現・全労済福島推進本部)を母体として、福島県知事の認可により設立いたしました。
 設立以来、会員だけでなく県内の各団体、個人に対して特定保険業の取扱をはじめとして、 各種教室や講演会、無料法律相談会の開催、また、地域団体の事務局を担当し、 一般財団として地域の諸活動に参加しております。
 また、事業部活動として冠婚葬祭事業部ふくしま葬祭センターを設立し、 「けんみん葬祭」として、福島県の県北地域を中心に活動しております。
 なお、愛称の「あいきょうさい」とシンボルマーク「笑顔を囲む4本の手」のマークは、 21世紀を迎えるにあたって、さらに県民の皆様に親しんでいただけるよう、 2000年7月に制定したものです。




沿革

「あいきょうさい」のあゆみ

昭和48年(1973年)10月 福島労済(現・全労済福島推進本部)より拠出された基本財産を基に設立し、 財団法人福島県民共済会として福島県知事より認可を受ける。
昭和48年(1973年)11月 火災共済組織加入、満期返戻金付火災共済制度開発実施。
昭和51年(1976年) 2月 医療扶助共済制度開発実施。
昭和52年(1977年) 4月 勤労者互助会共済制度開発実施。
昭和58年(1983年) 7月 医療共済センチュリー制度開発実施。
昭和59年(1984年)10月 スポーツ傷害共済制度開発実施。
昭和60年(1985年) 2月 葬祭共済制度開発実施。
昭和60年(1985年) 6月 冠婚葬祭事業部ふくしま葬祭センター事業開始。
平成 元年(1989年) 3月 創立15周年を記念して、記念映画会を実施。
平成 5年(1993年)11月 創立20周年を記念して、記念祝賀会を実施。
平成 9年(1997年) 4月 新葬祭共済しゃくなげ共済制度開発実施。
平成 9年(1997年) 9月 通夜葬儀会場「しゃくなげ荘」竣工。
平成12年(2000年) 7月 愛称「あいきょうさい」、シンボルマーク「笑顔を囲む4本の手」を制定。
平成12年(2000年) 9月 新医療共済センチュリー制度開発実施。
平成16年(2004年) 2月 創立30周年を記念して、歌舞伎公演を実施。
平成16年(2004年)10月 「けんみん葬祭会館」竣工。
平成20年(2008年) 9月 創立35周年を記念して、視察研修旅行を実施。
平成21年(2009年)12月 冠婚葬祭事業部「けんみん友の会」制度開発実施。
平成25年(2013年)10月 公益法人制度改革に伴い一般財団法人へ移行。
平成25年(2013年)10月 改正保険業法等の適用により福島県の認可を得て、「認可特定保険業者」事業開始。
平成25年(2013年)11月 創立40周年を記念して、視察研修旅行を実施。
平成26年(2014年)10月 けんみん葬祭「野田ホール」竣工。




事業内容

特定保険

個人向け保険

○医療保険センチュリー

団体向け保険

○医療扶助保険

○団体火災見舞金保険

○ファミリーヘルパー



福祉事業

○情報紙の発行

○無料法律相談会

○各種講演会・カルチャー教室

○各種団体の事務局業務

その他


葬祭事業

○けんみん葬祭




◆ 一般財団法人福島県民共済会・外観 ◆





◆ 一般財団法人福島県民共済会・地図 ◆